お風呂でマッサージは基礎代謝もアップして効果あり!

お風呂1
私はお風呂に入って必ずマッサージをします。
入浴中は体温が上がるので、基礎代謝も自然と上がります。
その時にマッサージをすると脂肪の燃焼率も上がります。
血液の循環もよくなり、新陳代謝も活発になるので美肌効果もあり一石二鳥です。

 

マッサージは心臓から遠い所から順番に行います。
足首からリンパの流すことを意識して、ふくらはぎから膝の裏、太もも、足の付け根と老廃物を排出するのをイメージしながら揉んでいきます。それほど強く揉まなくても流す感じでいいです。
次はお腹です。脂肪細胞を溶かすのをイメージし、タオルを絞るようにお腹の肉をマッサージします。
そしてお腹全体を軽くさすってください。

 

振動で痩せる家電がありますよね。そんな風にブルブルとさすると熱くなって、脂肪が燃焼している感じがします。
そして二の腕もお腹と同じとようにさすったり、絞ったりしましょう。
一通りしていると熱くなって汗をかきます。
身体を洗ってシャワーで流します。

 

気になる部分をちょっと高めの温度のシャワーをあててあげましょう。
1ヶ月も続けると効果が見えてきますよ。
少しずつでも続けることが大事です。

 

保湿クリームをお風呂上がりにつけるのも忘れずに!!
かなり美容では重要です。

湯船で発汗!簡単血行促進術

お風呂2
好みの湯温で湯をはり、湯船につかった時にみぞおちくらいまで湯がくるようにします。
発汗を促したいので、40度程度がオススメです。

 

湯船につかる前に、体に付着している余分な脂や汚れを簡単に洗い流します。
固形石鹸やボディソープを泡立て、なでるようにする程度で大丈夫です。

 

その後、あらかじめ用意しておいた湯船につかります。
ゆっくりと深く呼吸をしながら体を沈めていきます。

 

その状態で20分キープします。
その日の体調にもよりますが、15分経過するあたりから汗がたらたらと流れ始めます。

 

発汗を確認したら、片足ずつ足の裏をマッサージします。
親指で心地よい場所をゆっくり押すイメージです。
足の裏が終わったら、指や指と指の間も同じようにマッサージします。
もう一方の足の裏にもマッサージを行います。

 

すると、湯船につかって血行が良くなっている状態で、足の裏に刺激が加わり、より一層血行促進が促せます。
足の裏は意外とマッサージをする機会が少ないので、少し行うだけで効果がすぐに出ます。

 

湯上がりの顔や体を鏡で確認して下さい。
いつも以上に血色がよく、みずみずしくなっていると思います。

 

これらを行う前には十分な水分補給が必要です。
健康状態に不安がある方は、お控え下さい。

更新履歴